敦煌の旅

シルクロードの旅 25

鳴沙山 5

今回が最後の砂漠紹介になります。
最初に少し紹介をしていましたが、砂漠の乗り物の定番としてラクダがいます。
ラクダに乗って観光というのもいいかなと思いますが、ガイドブックを読んでいると、ラクダなどに乗せられて
廻っていると途中で法外な料金を要求されるから注意する様に警告が書いてあります。
その為に、ラクダに乗ったことがないのです。日本に戻って、考えてみると一度も経験をしていないのも
残念だったと後悔しています。次回、チャンスがあれば是非乗ってみたいと思っています。

では、写真で紹介をします。
ラクダ乗り場は入場門のすぐ近くにあります。
すごく沢山のラクダが乗客待ちをしています。たしか、オアシスまで50元か100元だったと思います。
d0114242_0461867.jpg

ある程度乗客が集まると隊列を組んで、出発です。ラクダはふたこぶラクダです。
d0114242_0463682.jpg

ラクダにのる時は膝をついていてくれるので、馬にのるよりはラクダと思います。(駄ジャレでした)
d0114242_0464738.jpg

立ち上がって出発です。私は一人旅でもあり、旅先のトラブルを避けるためにも、ひたすら写真撮影に努めていました。
d0114242_0465542.jpg

ラクダの隊列は、オアシスとは90度ほど違う方向の砂山に向かって進んでいきます。
この後に砂山の山際を通ってオアシスに向かう様でした。
d0114242_0471236.jpg

上の写真はズームアップしていますが、実際に下の写真の様にすごく離れた所へ向かっています。
d0114242_0474936.jpg

乗客待ちのラクダ君たちです。大人しく、静かに待っているラクダ、鳴き声をあげているラクダ、あちこちをキョロキョロ見て落ち着きのないラクダなど色々個性があります。
d0114242_048456.jpg

顔をアップで撮影してました。この時は昼ごはんに食べた驢肉(ロバ肉)をラクダの肉だと信じていたので
自分では、ひょっとしてここで働けなくなったラクダを食べてしまったのかとちょっとショックを受けていました。
ラクダの寿命はどのくらいなのか。何年ぐらい働けるのか今度調べてみようと思います。
d0114242_0481472.jpg

ラクダが歩くルートも決まっています。砂漠の砂の色が変色しています。
ラクダの糞が沢山落ちていて、変色をしています。
d0114242_0484064.jpg

最後にもう一度隊列を撮影しました。
d0114242_049213.jpg


次回は是非乗りたいと思います。そして、ここの砂漠はかなり夜まで入場できるので
まさに月の砂漠をラクダに乗って進む経験がしたいなと思います。

次回からは、砂漠から次の訪問地の紹介をします。
楽しみにしていてください。
[PR]
トラックバックURL : https://chtaiken.exblog.jp/tb/10310222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tyuugokutaikenn | 2009-10-07 01:09 | 敦煌の旅 | Trackback | Comments(0)

中国に駐在を始めてから各地を訪問した想い出日記です


by tyuugokutaikenn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30