広州紹介

広州中山紀念堂です

中山紀念堂

中国語では記念の文字は無くて、紀念となると聞いています。だから記念品ではなくて紀念品になります。さて中山紀念堂ですが、中国の革命の父である孫文(字が中山)の業績を讃えるために1931年に完成したが、その後に荒れていたものを1998年に大々的な改修をしたと説明が有ります。
2年間駐在をしていて初めて来ました。孫文に関係する話では、昔の人民服ですが、これは中山服とも言っていて、孫文が日本の学生服を参考にして、デザインしたもので、その後に人民服になったと聞きました。そう言えばどことなく似ているかなと思います。

中山紀念堂の正門となる南門から入って、正面から写した写真です。中山路に面していて、障害物がなく見通しがよいので通りからも良く見えます。
d0114242_2355792.jpg

正面の建物が礼堂大庁です。左側の山の上に中山紀念碑があります。また右側にはテレビ塔が2基見えています。テレビ塔と言っても所謂電波塔であり、観光用の展覧室などはありません。また、礼堂の前には孫文の像が有ります。

近づいて、写したものです。手前の花はカンナです。新しい建物ですが、特徴があり色彩も鮮やかです。
d0114242_2372934.jpg

正面を横から写しました。中に入るには10元が必要です。また、正面に額が掛かっています。
d0114242_2375259.jpg

額のアップですが、右から読みますが天下は公の為と書いてあり、ガイドでは世界は皆のためにあるの意味のようです。
d0114242_2381048.jpg

これは紀念碑です。外側の壁面に孫文の功績を讃えて文章が彫られています。
d0114242_238409.jpg

紀念碑はこんな風に山の上にあります。
d0114242_2385525.jpg

中は2階までは上がれますが、その上は写真の様に螺旋式の通路が上まで続いています。ぜひ登りたかったのですが、一般客通行禁止の表示があってダメでした。
d0114242_2392584.jpg

このポスターは紀念堂の周辺の路上に掲示されています。坂田藤十郎(人間国宝)の歌舞伎の公演が9月に有ります。場所は中山紀念堂です。日中国交正常化35周年の記念行事のひとつです。他にも色々とあります。私も仕事を調整して是非見たいと思っています。
d0114242_2395351.jpg

入場料金ですが、写真にある様に80元から680元まで5通りです。80元では、1400円弱ですから、相当にお得ですね。以前中国の歌舞劇を見に行った事がありますが、その時は観客が極端に少なく、80元と180元の席にしか客がいませんでした。ところがいよいよ公演が始まると観客全員が580元以上の最高の席に移動をしてしまいました。私も当然移動しました。
d0114242_2402935.jpg

今回は客も多くて無理だと思いますが、ちょっと期待をしています。
下の写真は紀念堂の内部です。席数はあまり多くないです。この他に2階席があります。
写真を写したときは舞台の上でミュージカルの様なものの練習をしていました。
d0114242_2405436.jpg

紀念堂の敷地内にガジュマルの木があります。細葉榕と中国語で説明があります。
d0114242_241511.jpg

木の太さは人と比較してもかなり大きいです。
d0114242_2421362.jpg

枝はかなり伸びているため、先の方を支柱で支えています。広州市の名木に登録されているようです。でも、この状態で樹齢が158年です。幹の太さからは400年ぐらいの感じがありますが、やはり1年中暖かい広州では、木の生長も2倍ぐらい早いようです。
d0114242_2423048.jpg

最後にですが、正門を出た時に見つけて写真をとりました。この中山紀念堂ですが、ここは重要文化財ではなく、愛国主義教育基地として指定を受けている様です。
d0114242_2425083.jpg

でも、教育基地なのに入場料金を10元徴収するのは、ちょっとチグハグな印象でした。

今日のブログの内容を気に入っていただけたら、お願いします。
人気ブログランキングです。ポチッとよろしく
[PR]
トラックバックURL : https://chtaiken.exblog.jp/tb/6074663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tyuugokutaikenn | 2007-09-03 03:27 | 広州紹介 | Trackback | Comments(0)

中国に駐在を始めてから各地を訪問した想い出日記です


by tyuugokutaikenn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30