泰山挑戦

華北の旅 その16 南天門

一気に南天門まで登ります

桜を見た後に、泰山最大の難所である十八盤を登り切ると南天門に到着します。
でも、ここが本当に急な階段でした。途中で休む人が続出です。
階段を30~50段ぐらい登り少し休むの繰り返しです。本当に急な階段でした。

十八盤の案内表示には全長が800mで1600段以上の階段と紹介されています。
ここを登っている時は、最低でも2回は後悔をしました。
d0114242_0374386.jpg

十八盤の登り口には、記念写真を撮る場所があります。私もここで写真をとりました。
料金は5元です。私の右側には泰山の石碑があります。
そして左側には私は十八盤を登りましたと言う文字が建てられています。
本来は私の後に本物の十八盤があるのですが、天候不順のため写っていません。

顔はあとで紹介しますが、ちょっと借りた顔です。
d0114242_0362169.jpg

上の写真はまだ登っていないのですが、記念写真だけは写せます。または頂上の南天門までロープウェーで上がって、上から階段を下りてきてから写真を撮る事も出来ます。

この写真を撮っている所が海抜1200.1米になっています。
d0114242_0393891.jpg

龍門の石碑坊をくぐって最後の難所の始まりです。
d0114242_040844.jpg

下の写真の特徴ですが、登っている人がみんな階段の右端を上がっていきます。
手すりを使って登るためです。また、階段の上の方で、階段をジグザグに登っていく人がいます。よく坂道ではこの様にして登ると坂の斜度が軽減されるため楽に登れると言われています。
階段では、所詮一段ずつ登るため効果がなくて意味がないと思いました。
その後に私自身が本当に疲れた時、同じ様にやってみたら、なんと楽なんです
不思議ですが、機会があったら是非試してください。
d0114242_0404649.jpg

南天門まで200mです。まだ200mもあるの意味です。
d0114242_041776.jpg

海抜も1300mまで上がってきました。
d0114242_0412474.jpg

下も上も急な階段です。そしてみんな階段の端の部分を登っています。
d0114242_0423069.jpg

d0114242_0425780.jpg

中間あたりに昇仙坊があります。この付近で記念写真を撮る人が多いです。
d0114242_048117.jpg

d0114242_0491489.jpg

海抜は1400mまで来ています。
d0114242_0493569.jpg

この後も続いて、言い表せないほどの苦労をして、登りました。
本当に30段登ると一息付かずには居られませんでした。
やっと南天門に到着です。ここまでの苦労を紹介したいのですが、あまりにもきつくて、写真を撮る余裕も有りませんでした。だから、紹介写真ではあっと言う間に到着です。
d0114242_0495719.jpg

南天門に到着して写真を撮っている人達の表情はすごくうれしそうです。
d0114242_0521796.jpg

下の写真は昔の南天門です。門前の階段なども未整備の状態です。
d0114242_0525915.jpg

十八盤は写真ではなだらかに見えますが、実際はすごく大変な階段でした。
d0114242_0552673.jpg

今はまさに様変わりと言う言葉がそのまま使用できます。

人気ブログランキング←早く50位以内に復活をしたいのでご協力をお願いします。
[PR]
トラックバックURL : https://chtaiken.exblog.jp/tb/6347300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tyuugokutaikenn | 2007-10-11 02:03 | 泰山挑戦 | Trackback | Comments(0)

中国に駐在を始めてから各地を訪問した想い出日記です


by tyuugokutaikenn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30